高齢化社会

日本は逆ピラミッド型の高齢化社会だと言われていますよね。
日本では今から約60年前、1948年あたりにベイビーブームと呼ばれる現象が起き出生数が一気に増えました。
時代は現代に移り、当時の新生児が60代に突入したことで高齢化の問題が発生しています。
医療の発達で寿命が伸び続ける中で、介護の問題が各家庭で発生していますよね。

当然高齢者が増えることで老人ホーム不足も問題になっています。
介護のできない家庭や介護に難がある場合などに利用する老人ホームを利用したくともできない人が増えているわけです。
また、足腰の問題で病院に通えない老人も多く、訪問診療という医療スタイルも発展してきました。
近年では老人ホームに直接訪問診療を行うサービスも定着しており、介護の負担は大きく低下しています。

当然この訪問診療も過程で受けることは可能ですが、老後の面倒を家庭で見るのは難しいという場合もあります。
そうした場合には、老人ホームを利用する事になりますよね。

訪問診療や介護を任せる事のできる場所ですから、安心して家族を任せることのできる環境が整った場所として利用者は増加傾向にあります。
しかし、施設に預けるのは人道的に間違っていると考える人が要るのも事実です。
老人ホームに対するイメージや偏見を無くし、訪問診療やライフケアなどの環境が整った場所であることを伝えていくことにしましょう。

一押しリンク

有料老人ホームをお探しの方は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。|株式会社未来設計

Calendar
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930